特徴や費用を考えればビッグローブSIMがとても便利

SMARTにスマホを使うスマホを持つならコレがお得

海外や屋外でも使える

インターネットは今や家の中だけで使うというものではなくなっています。イモトのwifiのように、海外で使えるwifiルーターを成田で貸し出しているところもあります。通信について新しい情報をアップデートしていきましょう。

家族で使うともっと便利

レディ

SIMは通話が少ない人向け?

家族がいるとメールなどのテキストより、頻繁に通話で連絡を取り合うことが多いです。そのため、SIMよりは通常の携帯電話で契約した方が早いのでは?と感じる人もいるでしょう。
それもそのはずで、格安SIMだとそもそもデータ通信しか対応していない場合も多いのです。そのため通話料が高くなるという弊害が生じることもありました。
しかし、ビッグローブSIMで加入できるBIGLOBEでんわというプランであれば、毎月の利用料金が700円以下で利用することができるようになっているのです。激安価格で家族全員が笑顔になること間違いありません。

複数枚で対応できる

そして、ビッグローブSIMの良さとは家族で一つのプランを使えるという点です。複数枚対応になっているため、最大4枚までの追加が可能となっています。
特に子どもは通信機器を使うことや利用制限があることに慣れていないので、ついつい通信料が超えてしまうということもあります。しかし、ビッグローブSIMを使うことで、高速データ通信を共有できるため通信の制限を学ばせるためにも便利ですし、通信をあまり使っていない家族のものを分け合うことが可能となります。
世代が分かれていると、インターネットを使う量も一定ではありません。それを一つ一つ契約していると煩雑ですし、子どもの契約はどうなっていたのか忘れてしまいます。それを一本化することで家族の中で節約しながら使うことができるのです。

一人で使っているときも便利

もちろん、家族がいない場合でもビッグローブSIMの複数枚対応プランを便利に使うことができます。
インターネットを使うことができる端末はスマートフォン一つとは限らず、パソコンやタブレット、テレビにも使います。もしこれから複数のタブレットを使って通信をするというのであれば、ビッグローブSIMを使った方が便利なのです。

利用料金を調べる

ではビッグローブSIMにはどのようなプランがあるのか、費用を調べていきましょう。
・エントリープラン…月額データSIM料金が900円で月に利用できる高速通信の容量は3GB
・ライトSプラン…月額データSIM料金は1450円で高速通信の容量は6GB
・12ギガプラン…月額データSIM料金は2700円で高速通信の容量は12GB
以上で、エントリープランの場合は追加SIMの枚数が1枚に限られています。

比較してみよう

今現在使っているスマートフォンの高速通信量を調べてみて、エントリープランか12ギガプランか、どちらを選ぶか考えてみましょう。
3GBだと少ないような気がしてしまいますが、外でほとんどインターネットを見ないという人なら実は十分な量なのです。

通信についてもっと知っておきたい

スマートフォン

海外でネットを使おう

旅行の際にはマップのアプリを見て、今どこにいるのかを確認し、目的地までのルートをナビゲーションするなどの機能を利用したいと感じるはずです。イモトのwifiを成田で借りることで、海外旅行をもっとスムーズに楽しめます。

READ MORE
広告募集中